研究会

LITETOUCH Laser HOME > 研究会

Litetouch研究会とは

ライトタッチ研究会は、
世界ではじめての特許技術:LHAシステム(Laser in Handpice Applicator)を持つ最先端の歯科レーザー”LITE-TOUCH(ライトタッチ)”の研究を得た成果を、より高度な歯科医療レーザー治療の研究をすることを目的に設立されました。
ライトタッチレーザーは、2007年にCEとFDAの認可を受けて世界に発表された非常に新しい 硬組織・軟組織両用の歯科レーザーです。
このレーザーは今までにないLHAシステムのエルビウムヤグレーザーですが、その特性は大きく変化しました。
その特性とは、従来のエルビウムヤグレーザーには見られなかった非常に強くて活発な水反応特性があります。 これにより今まで以上に生体組織への熱の進入が少なく、全ての組織に対して、より安全なレーザー治療ができるようになりました。 つまり、患者さんに快適でより効果的で安全な医療レーザー技術の発展に貢献することを目標にしています。

ライトタッチ研究会
会長 池尻良治

活動内容

研究活動
現在、ライトタッチレーザーの生体組織への各極の反応試験を進めています。

セミナー教育活動
ライトタッチレーザーをテーマにセミナーを開催しています。スケジュールはセミナーページをご覧ください。またSYNERON社の美容レーザーなどの勉強会も併設。

学会参加
各種歯科学会にも、ライトタッチレーザーの展示やテーブルクリニックなどに参加しています。スケジュールはイベントページをご覧ください。

海外活動
イスラエル、ヨーロッパ、米国、台湾、韓国、オーストラリアなどで研究発表会を兼ねた国際的交歓会を企画中。

会員名簿